ダイエットの総合支援サイト

ダイエット方法集カロリー計算ツール体験記ダイエットレシピ
ダイエット日記みんなの口コミ掲示板サイトマップ

ダイエットピンキー > ダイエット方法集 > ダイエット豆知識 > ラーメンを食べたくなるのは?

ラーメンを食べたくなるのは?

ピンキー

飲み会のあと、「ラーメン食べにいかない?」と誰かが言い出すことはよくありますよね。ラーメンじゃないにしても、飲み会のしめにお茶漬けなどのご飯ものを食べる人も多いと思います。

飲み会後に炭水化物を食べたくなるのには、ちゃんと理由があるんです。

私たち人間の身体は、炭水化物を摂取すると、それを消化吸収して、ブドウ糖に変化させます。ブドウ糖は、脳をはじめとして、身体全体の活動のエネルギー源になります。

通常は外部から炭水化物を摂取することで、ブドウ糖を確保するわけですが、人間の身体には、飢餓に備えて自らブドウ糖を作り出す機能があります。

その機能を持っているのは、肝臓です。肝臓はグリコーゲンという物質を分解することで、ブドウ糖を作り出します。これを「糖新生」といいます。

しかし、このグリコーゲンは、アルコールを分解するという大事な役目も持っています。

お酒を飲んでアルコールを摂取すると、グリコーゲンは優先的にアルコールの分解にまわすので、肝臓が糖新生をしようとしても、グリコーゲンがすでに使いきってしまった状態で、ブドウ糖を作り出せなくなるわけです。

体内のブドウ糖が少し不足すると、脳は慌てます。

ブドウ糖が足りない!このままだとエネルギー不足になっちゃう!ラーメンでもお茶漬けでも、とにかく炭水化物を摂取して!と指令を出します。

その結果、飲み会のしめにはご飯ものが食べたくなったり、飲み会のあとにラーメンを食べたくなったりするわけです。

いつもしめの炭水化物をどうしても我慢できない人は、そもそもお酒の量を減らせば、その欲求を少し減らすことができるかもしれませんね。

ダイエット豆知識

食事


運動


身体


生活・その他

ダイエット豆知識
管理栄養士のダイエットレシピ ひめキッチン。
話題のダイエット本・DVD・食品!みんなの口コミ
ダイエット方法集 カロリー計算ツール ダイエット体験記 ダイエット掲示板
ダイエットブログパーツ無料配布中!