ダイエットの総合支援サイト

ダイエット方法集カロリー計算ツール体験記ダイエットレシピ
ダイエット日記みんなの口コミ掲示板サイトマップ

ダイエットピンキー > ダイエット方法集 > 産後ダイエット特集 > 産後ダイエットの基礎知識

産後ダイエットの基礎知識

ミミリー

間違った産後ダイエットをしないためにも、産後ダイエットの基礎知識は必要不可欠です。産後の身体の仕組みや、産後太りの原因などをしっかりと頭に入れましょう。

頭の片隅に知識を入れておけば、普段の生活も自然と変わるはずです☆

産後の身体について

赤ちゃん 産後の身体の主な特徴として、身体全体に流動性の脂肪がつき、見た目はムッチリ。特に、お腹周りに皮下脂肪が多くついているので、ポッコリお腹になっています。

そして、出産により広がってしまった骨盤で下半身がどっしり。それに加え、目の疲れや抜け毛、便秘、痔、産後うつ病に悩む人も少なくないようです。

ですから、産後の身体はデリケートでとても不安定。そんな状態での慣れない育児で、ヘトヘトのママさんがほとんどだと思います。絶対に無理は禁物ですよ!疲れたな〜っと思ったら、すぐに横になって休みましょうね☆

産後ダイエットはいつから?

母乳赤ちゃん 出産によってぷっくりしてしまった身体を一刻も早く、元の体型に戻したいですよね。いつから産後ダイエットを始めていいか気になります。ところが、出産の時に母体にかかった負担は、個人差があるので、一般的には言えないそうです。

なので、産婦人科の先生に相談して、いつごろからダイエットをしていいのか聞いてみましょう!ちなみに、体調が安定した産後1ヶ月〜1ヵ月半ぐらいから、開始している人が多いそうですよ〜♪

産後太りの主な原因

産後太りの大きな原因は3つほどあります。

@産後の流動性脂肪

妊娠・出産により、水を多く含んでいる流動性脂肪が身体のアチコチについています!それにより、身体がムチムチしていたり、お腹がぽっこりしたりします。出産まで赤ちゃんを守るために、お腹周りにたくさんの脂肪で栄養を蓄えているんですね〜。

A骨盤のゆがみ

骨盤を大きく開かなければ、赤ちゃんを産むことができないので、必ず骨盤は大きくゆがみます。赤ちゃんは2〜4kg程あって、それを生むんですから、大きく開くのは当然のことですよね。そしてそのゆがみによって、下半身がどっしりしてきます。

お菓子B食生活の乱れ

産後、自分の時間がぜ〜んぜんなくて、食事をゆっくり取ることすらできないママさんは、おやつや軽食で済ますケースが多いそうです。実際、赤ちゃんから目を離せなくて、自分の時間をゆっくりとることは難しいですよね。しかもストレスを食事で発散すると、栄養バランスを考えずにドカ食いになってしまいます。そうした食生活の乱れが、産後太りの大きな原因になってしまうのです。

以上が、一般的な産後太りの原因です。@とAは誰にでも必ず起こりますが、Bは意識の問題です。意識していない女性は、産後からどんどん太っていくでしょう。

しかし、いつまでもキレイでいたい、キレイなママでいたい、と思っている女性は、頭の片隅で危機感を抱いているので、日常の行動が変わってきます。

「食生活が乱れないようにしよう」「少しの時間があったらエクササイズしよう」など意識している人としていない人では大きな差がでてきますよね。

授乳期に摂取していいカロリーの目安

通常、成人女性が1日に必要なカロリーのは1800〜2200kcal前後です。身長や体型、または運動量にもよりますが、だいたいがこのぐらいです。

それに比べ、妊婦の場合は+350kcal、授乳婦の場合は+600kcalが必要だと言われています。授乳婦の場合、多い人だと2800kcalも必要になるんですね。驚きなのが、労働をしている男性よりも必要カロリーが多いんです!

なんとウォーキング2時間分の消費量!!母乳で消費するカロリー

赤ちゃんとママ

母乳は1日に600〜800kcalを消費しています。これは、運動に換算すると、ウォーキング2時間、ジョギング80分、水泳60分、縄跳び40分を行っているのと同じことなんです。

これだけのカロリーを赤ちゃんに運んでいるので、お腹も空くし、喉もすごく渇くそうですよ。もし、授乳が終わっても、同じ量を食べていたら必ず太ってしまうので、食べ過ぎないように注意してくださいねっ!!


産後太りを防ぐためには

助産師さんに相談したり、整体に行くのも良いですが、産後太りを防ぐために自分でできることは、いくつかあります。

流動性脂肪や骨盤のゆがみは、体操やちょっとしたエクササイズで、改善可能です。骨盤のゆがみを矯正するのは、意外に思うかもしれませんが、自分でもできるんですよ☆本来は整体に行って、プロの指導の下で本格的に行うのが良いと思いますが、そんな時間がない!というママさんは、自宅でも可能です♪

しかも、「寝るだけダイエット」や「巻くだけダイエット」など、身体に負担にならないようなエクササイズも多いので、オススメです☆早い時期から始めると、骨盤も正常位置に戻りやすいので「骨盤エクササイズ」も人気が高いですねっ!

産後のデリケートな身体に、負担にならないようなエクササイズも数多くあります。体調にあわせて、赤ちゃんが寝てるスキをみて行ってみてもいいですね☆そして、「産後ダイエットとは」の最適な期間にも書きましたが、産後ダイエットには最適な期間があります。産後6ヶ月間は、今後身体がどのように変化するかを決定する分岐点といっても、過言ではありません。

この期間は痩せやすく、授乳しているだけでも元の体重に戻るママさんもいるぐらいです。流動性脂肪の定着を防ぐためにも、この6ヶ月以内に行うことをオススメします。だからといって焦りは禁物なので、普通の生活に慣れてから、行ってくださいね☆

管理栄養士のダイエットレシピ ひめキッチン。
話題のダイエット本・DVD・食品!みんなの口コミ
ダイエット方法集 カロリー計算ツール ダイエット体験記 ダイエット掲示板
ダイエットブログパーツ無料配布中!