ダイエットの総合支援サイト

ダイエット方法集カロリー計算ツール体験記ダイエットレシピ
ダイエット日記みんなの口コミ掲示板サイトマップ

ダイエットピンキー > ダイエット方法集 > 疑問・悩み相談室 > バスト・胸を残すには?

バスト・胸を残すには?

ピンキー

ダイエットをしたら、バストだけ小さくなってしまった気がするんです。
これってダイエッターの宿命なのでしょうか…

ダイエットをすると、どうしても胸の脂肪も落ちてしまいがち。でも、ちゃんとケアしてあげれば、バストをできるだけ残したままやせることも可能です。ダイエットしてもバストを残す方法を紹介しますね。

正しい下着を選ぶ

バスト・胸を残す方法の大前提として、まず正しい下着を選ぶことが大事です。自分のブラぐらいちゃんと選んでますって思っても、その正しいはずの下着が、あなたのバストアップを妨げてる場合があります。下の4つのポイントをもう一度ちゃんと見直してみてください。

バストを残すには?

●カップの形
カップの形状が合っているか。
●ワイヤーの形
胸郭と乳房との境目の形状がフィットしているか。
●正しい容量
胸が正しく収まっているか。胸をしめつけないように、また寄せて集めた時のために、少し大きめぐらいでいいです。胸を正しい位置までもちあげた状態でカップを計るといいでしょう。
●正しいサイズ
アンダーバストのサイズは本当に正しいか。アンダーバストは苦しくない程度にやや小さめのものを買うと、寄せて集めた脂肪を固定できていいです。

形状や容量がちゃんと合っていないと、脂肪がつきにくかったり、逆に脂肪が逃げていったりしちゃいます。正しい計り方って意外と知られてなかったり、もちろん変化もするものなので、一度下着屋さんで計ってもらい、適したサイズのブラを教えてもらいましょう。Bカップの下が70だと思ってたけど、ちゃんと計ったら、Dカップの65だった!なんてことはよくあります。

ダイエット的・バストを残す方法

それではダイエットでバストだけ残す方法を、解説していきたいと思います。

■正しい姿勢で背筋を鍛える

体系を維持するにはそれなりの筋力が必要です。太っている時は前後左右に同じように脂肪がついているので、真ん中の背骨を軸に支えればいいですが、それが落ちてきて前方のバストの重みを支えるには、背筋の力が必要になります。背筋の力がないと、胸も垂れて見えるし、張りもなくなってバストが小さくなってしまいます。

鍛えるといってもそんなに大変じゃありません。やり方としては、背筋を伸ばして正しい姿勢で歩く。これだけでだいぶ違います。頭を背骨で支えているイメージで、早足ではなくゆっくりと歩きましょう。

正しい姿勢で立っているだけでも効果はあります。あの叶姉妹も、姿勢がすごくいいでしょ?(あれが本物なのかはよくわかりませんが。)実際やってみると、この姿勢を維持するだけでもけっこう疲れます。

■腕立てで胸を引き上げる

腕立て伏せは、両手を肩幅よりも少し広げてやるといいです。胸の上部の筋肉が鍛えられて、バストをクイッと引き上げてくれるバストアップ効果があります。むきむきになりたいわけではないので、回数は10〜20回程度で問題ないですが、毎日やることが大切です。

■胸に向かってマッサージする

胸の下、ウエスト部分、二の腕、肩など、胸の周辺部分を、胸に向かってよくマッサージして、最終的には胸もマッサージしてあげましょう。女性の脂肪は、男性の脂肪に比べて、ある程度移動できると言われています。お風呂上がりなどに毎日欠かさずマッサージして、徐々に胸の方へ脂肪を集めていきましょう。

■胸に寄せて集める

マッサージで脂肪を集めたら、それを下着でしっかり寄せてあげましょう。ここで上に書いた正しいサイズの下着をちゃんと選べているかが大事になってきます。

アンダーバストは計ったサイズより〜5cmぐらい小さ目のブラを選びます。またカップは、そのままの状態で計るのではなく、バスト正しい位置まで持ち上げた状態で計ります。この時点で、今まで使ってたブラより1カップ上だった!なんてことが普通にあります。

そうして選んだブラに、背中やお腹の脂肪を寄せて中に入れます。毎日そうやっているうちに、余分な脂肪が本当の胸になります。寄せて上げるのやり方も、下着屋さんに聞いてみるといいでしょう。

■たんぱく質をとる

食事の面から胸をケアしてあげることも大切です。ダイエット中はどうしても肉を控えめにするので、たんぱく質が不足しがちです。でも、胸を保つ意味でも、筋肉を保つ意味でも、たんぱく質は欠かせない栄養素です。たんぱく質は肉や魚に多く含まれてるので、つい脂肪分が気になって避けてしまいますが、ある程度は食べる必要があります。

肉や魚を極端に避けることはしないで、毎日適量とるようにしましょう。カロリーが気になる場合は、鶏のささみなど、脂肪分の少ないものをとるといいでしょう。

■豆乳など、大豆製品をとる

大豆は「畑の肉」っていわれるぐらいですから、良質のたんぱく質が豊富です。そしてもうひとつ。大豆にはイソフラボンという成分が含まれています。イソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きをするので、バストアップにはもってこいの食品ということになるんだそうです。

大豆にはビタミンB群も豊富で、ダイエット効果もばっちりです。豆腐とか納豆とか、大豆製品はいろいろありますが、毎日摂取しやすい豆乳を取り入れてみたらどうでしょう。

これらの方法は、1日2日ですぐに効果が現れるものじゃありません。でも毎日地道に続けることによって、数ヶ月後には効果が実感できるはずです。私はもともと胸は小さい方ですが…それでもほとんどキープしてやせることができました。女の子にとって、胸をあるに越したことないもんね。ぜひこの方法を試してみてください♪

管理栄養士のダイエットレシピ ひめキッチン。
話題のダイエット本・DVD・食品!みんなの口コミ
ダイエット方法集 カロリー計算ツール ダイエット体験記 ダイエット掲示板
ダイエットブログパーツ無料配布中!