ダイエットの総合支援サイト

ダイエット方法集カロリー計算ツール体験記ダイエットレシピ
ダイエット日記みんなの口コミ掲示板サイトマップ

ダイエットピンキー > ダイエット方法集 > 疑問・悩み相談室 > お酒って太る?

お酒って太る?

ピンキー

ビール腹ってよく言いますけど、お酒を飲みすぎると、
やっぱり太っちゃうんでしょうか?

ダイエットの基本は、食生活の改善と運動。これは鉄則ですね。じゃあ、食事はある程度制限するとして、お酒ってどうなんでしょう。よくお父さんが「ビール腹だよ」なんて太ったお腹をさすってますが、あれは本当にビールによって太ったんでしょうか。

【お酒100mlあたりのカロリー】

種類カロリー
ビール40kcal
発泡酒45kcal
ワイン73kcal
清酒103kcal
焼酎(乙類)146kcal
梅酒156kcal
焼酎(甲類)206kcal
ウイスキー237kcal
ブランデー237kcal
ウォッカ240kcal
ジン284kcal

ここでは、お酒で本当に太るのか?について解説していきます。

お酒のカロリー

まず当然ですが、お酒にもカロリーがあります。右の表を見てみてください。

低めなのから高めなのまで、いろいろありますね。ビールのカロリーが意外に低いですが、これは100mlあたりのカロリーです。ウォッカをそんなにガブ飲みすることはありませんが、ビールはガブガブ飲んじゃいますから、意外と低カロリーだからといって油断は禁物です。

こうして見ると、アルコール度数が高いものほど、カロリーが高い傾向にあるのがわかります。

お酒のアルコールが多ければ多いほどカロリーが高くなるのは、アルコール自体が高カロリーだからです。アルコールは1gあたり、なんと7kcalもあります。

アルコールはエンプティカロリー

アルコールは高カロリーですが、その性質が普通のカロリーとは少し違います。実は、アルコールのカロリーはエンプティカロリーといって、糖質や脂質よりも先に、最優先で熱として放出されるとされています。

お酒を飲むと、身体が熱くなったり、顔が赤くなったりしますよね。あれは、アルコールのエンプティーカロリーが即座に熱として放出されてるんだそうです。

つまり、お酒のカロリーが高くても、アルコールのカロリー自体はそんなに気にしないでいいということになります。

もちろん、お酒はアルコールだけでできてるわけじゃありません。お酒の原材料やあとから加えられた糖分のカロリーはそのまま吸収されちゃいます。ただ、お酒全体のカロリーから考えると、それは微々たる量です。特に、焼酎やジン、ウイスキーといった蒸留酒は、その原材料のカロリーもかなり少ないといえます。

注意すべきはお酒の友

お酒って太る?

お酒に含まれるアルコールのカロリーがすぐに放出されて、脂肪として蓄積されにくいなら、お酒はいくら飲んでも太らないんでしょうか?

結論としては、お酒”だけ”を飲んで、そんなにブクブク太ることはないようです。ただ、気をつけたいのは、お酒といっしょに食べるつまみです。

人にもよりますが、ビールなどのお酒は食欲を増進します。特にビールはアルコール度数が低いので、たくさん飲めて、その分つまみの量も増える傾向があります。

しかも、アルコールのカロリーが優先的に燃やされるおかげで、逆に脂質や糖質が順番待ちになって、燃やされないまま体内に脂肪として蓄えられやすくなってしまうんです。

お酒を飲んでも、そんなにつまみを食べない人もいます。お酒を飲む時は箸に手をつけないなんていう人も。でも、そういう人って、お酒が好きなわりにやせてませんか?それは、お酒といっしょにつまみを食べてないからかもしれません。

ビール腹の正体

つまり、お父さんの言う「ビール腹」とは、正確にいうと「ビールとおつまみ腹」ということになります。ビールを飲んだからといって、それだけでそんなに太ることはまずないです。ビールといっしょにつまみを食べるから太るんです。

さらに、年齢とともに下がっていく基礎代謝量(=何もしないでも消費されるカロリー)や、運動不足が、中年のお父さんのビール腹を手伝ってしまうんですね。

とにもかくにも、お酒を飲む時は、つまみの量と種類に注意が必要ということです。ビールに合う味の濃いものや揚げ物ばっかりを食べてないで、あっさりとした低カロリー系のおつまみを食べるようにしましょうね。

管理栄養士のダイエットレシピ ひめキッチン。
話題のダイエット本・DVD・食品!みんなの口コミ
ダイエット方法集 カロリー計算ツール ダイエット体験記 ダイエット掲示板
ダイエットブログパーツ無料配布中!