ダイエットの総合支援サイト

ダイエット方法集カロリー計算ツール体験記ダイエットレシピ
ダイエット日記掲示板サイトマップ

ダイエットピンキー > ダイエット方法集 > 疑問・悩み相談室 > 夜食べても寝なきゃいい?

夜食べても寝なきゃいい?

ピンキー

夜遅い時間に食べると、寝てる間に脂肪になるって言いますが、
それなら、寝なければ太らないんでしょうか?

ダイエット中は、夜より朝にたくさん食べるようにする。特に夜遅い時間の食事や間食は、寝てる間に脂肪として蓄積されやすいから、なるべく避けたほうがいい。これはダイエットの鉄則です。

じゃあ、「寝てる間に脂肪になる」なら、寝なければ夜遅い時間に食べても大丈夫?そう考える人も多いと思いますが、答えは残念ながら「NO」です。

人間には体内時計がある

人間の身体には、体内時計というものがあります。BMAL1(ビーマルワン)というたんぱく質をはじめ、いくつかの成分がこの体内時計を動かしています。

このたんぱく質が、増えたり減ったりすることで、身体は1日の中で活発モードになったり、お休みモードになったりしています。

実はこのたんぱく質、脂肪を体内に溜め込もうとする性質があるんです。そして、このたんぱく質が増える時間帯、それが夜の10時〜明け方の2時頃なんです。

つまり、夜遅い時間に食事をすると、同じ摂取カロリーでも、夕方に食べるより脂肪として蓄えられやすい、太りやすいということになります。

夜更かしは体内時計を狂わす

さらに、夜遅くまで起きてる不規則な生活が続くと、この体内時計は狂ってきます。これが狂うと、問題のたんぱく質が常に多い状態になっちゃうことがあるんです。そうなると、規則正しい生活をしてる人と、まったく同じ摂取カロリーでも、不規則な生活をしてる人の方が太りやすいということになります。

体内時計が狂うと、ホルモンのバランスもおかしくなります。

グレリンとレプチンというホルモンがあります。グレリンは脳に働きかけて食欲を増進するホルモン。逆にレプチンは、食欲を抑えて、エネルギーの消費を促して、基礎代謝量を上げてくれる通称「やせホルモン」です。

夜更かしばかりして、不規則な生活をしていると、グレリンが増えて、やせホルモンであるレプチンは減っていくんだそうです。つまり、同じ量を食べても太りやすくなるということになります。

夜が遅い生活は、たんぱく質やホルモンのダブルパンチで、より太りやすい生活になってしまうわけです。

朝食べる方がいいもうひとつの理由

夜食べても寝なきゃいい?

さらにさらに、夜遅くに食べるのと、朝食べるのとでは、消費カロリーにも違いがあります。

食事誘導性熱代謝というのを知ってますか?これは、食べたものを消化吸収するのに使われる消費カロリーのことで、基礎代謝量の約10%を占めます。たとえば体重60kgの人なら、1日の消化吸収に使われるカロリーは約180kcalになります。毎日180kcalですから、これは意外とあなどれません。

この食事誘導性熱代謝は、夕方から夜にかけて、どんどん下がっていくんだそうです。つまり、同じ量を食べるにしても、夜より朝に食べた方がカロリーを少し多く消費できるってことになります。

夜遅い時間に食べても、寝なければ太らない?という考えは、これらの理由から「NO」ということになります。

仕事などでどうしても食事が遅くなるような時は、夕方の時点で軽くでも何か食べておいて、深夜にがっつり食べるなんてことのないようにしたいですね。

管理栄養士のダイエットレシピ ひめキッチン。
ダイエット方法集 カロリー計算ツール ダイエット体験記 ダイエット掲示板
ダイエットブログパーツ無料配布中!